名古屋・住まいの防犯リフォーム専門店

スタッフブログ

雨の日こそ空き巣被害に注意!その理由とは?

 

こんにちは。

防犯リフォーム専門店ウエラ名古屋です。

 

今日は雨や台風などの日に関する防犯のお話です。

 

今年もやってきた梅雨そして台風の時期。

冠水や土砂災害などの被害が起きることも多々あり、

ニュースなどでよく取り上げられます。

 

しかし、そういった災害と同じように雨や台風の日に注意すべきなのが、

空き巣被害です。

 

なぜなのでしょうか?

それは雨の日は「雨が遮音カーテンのようになり、

多少大きな音の出したとしても周囲に気づかれにくい」ためです。

 

皆さんも、雨が降っている日は、晴れの時に比べて、

静かな印象を受けることはありませんか?

ご近所や周囲の音が聞こえにくく、「サーッ」という雨の音だけが

静かに聞こえるという経験をなさったことがあると思います。

雨が音を遮断したり吸収したりして、音が響きにくくなるわけです。

 

これは、泥棒にとっては好都合な環境となり得ます。

通常より大胆に、多少大きな音でガラスを割ったとしても、

気づかれにくくなるのです。

 

つい先日も60歳の男が、東京都内の住宅に忍び込み現金を盗んだとして

逮捕されたというニュースがありました。(※2018年5月25日)

その男は、これまでも窃盗の容疑で4回逮捕されていて、

黒色の作業着と帽子姿で、雨が降る夜の時間帯を中心に犯行に及んでいました。

その理由として「雨が降っていて、侵入する時窓ガラスを割る音が消されるので

狙いやすかった」と供述しているようです。

 

ですから、雨の日こそ空き巣に注意しないといけないのです。

 

それで、この時期にご自宅の防犯対策を改めて

ご検討なさることをお勧めします。

 

強い力で大胆にガラスを割ろうとする犯行にも耐えうる

「強防犯フィルム」「防犯ガラス」を設置しましょう。

防犯フィルムであれば350ミクロン以上の厚みのものを、

防犯ガラスであればセキュオ60以上のものをお勧めします。

 

また、窓ガラスを割られた際に、大音量で警報を発する

「ガラス破砕センサー」を取り付けることも効果的です。

 

 

加えて、「防犯カメラ」を設置することで、

威嚇とともに証拠を押さえるのは有効な手段となります。

 

以上、出来る対策を簡単にご説明しましたが、

もちろん有効な対策方法というのは他にもあります。

 

ご自宅の状況や環境に合わせた具体的なプランニングに関しては、

どうぞ当社防犯設備士までお尋ねください。

 

弊社防犯設備士が、皆様のお宅に直接お伺いして、

無料の防犯診断と適切なご提案をいたします。

 

————————-

防犯リフォームのお問合せ・無料診断はこちらから。

0120-987-686

http://wella-security.com/form01.html

スマートフォンの方はこちらから

一覧へ戻る

TOPへ戻る

HOME