名古屋・住まいの防犯リフォーム専門店

スタッフブログ

防犯カメラ工事、値段だけで機器と施工業者を選んでいませんか?

 

こんにちは。

防犯リフォーム専門店のウエラ名古屋です。

 

一般家庭で増々普及している防犯カメラ。

当社にも毎日お問い合わせがあります。

 

しかし、残念なのは金額だけを調査して、

すぐに一番安い業者を選んでしまうケースが多いことです。

 

確かにコストを考慮することも大切ですが、

金額だけで選ぶのは大きなリスクも伴います。

 

例えば、金額は安いものの、

営業・施工スタッフ共に防犯の知識に欠けていると、

防犯仕様での位置決めや配線工事といった面に弱みが出ます。

 

そうなると、結果としてドロボウは死角を突いて

カメラの角度を変えたり、断線するなどして犯行に及んできます。

 

また、防犯カメラ設置工事専門店と謳っているものの、

本業は別業種だったりすると、やはり知識と経験が無いために、

機種選定の段階から失敗することになります。

 

ですから、業者の選定は慎重かつ長期的な視点で

考えなければならないのです。

 

さて、防犯仕様での位置決めや配線工事というのは

防犯カメラ工事の中でも大切な要素の一つです。

 

例えば、防犯カメラを既存の建物に後付けする場合、

どうしても配管は外壁に露出するものです。

ですから、可能な限り見た目を美しくすることは大切です。

 

当社では、配管の色や材質の種類、設置位置などに関して

お客様と時間をかけて決定するようにしています。

 

そして、犯人にいたずらされないよう直結工事を行い、

配線を外に露出させません。

 

加えて、多くの業者は配線の保護に、

施工性や効率などの面からPF管を使用しています。

 

この材料はナイフなどで簡単に切断でき、

作業効率がとても良い所が特徴です。

しかしその反面で、防犯の観点から見ると、

心配な要素が多いとも言えます。

 

それでこの点を考慮し、当社ではVE管を使用します。

硬くて丈夫な材料の為、作業効率はPF管に比べて落ちますが、

作業に時間をかけてでも防犯性能を重視します。

 

当社スタッフは事務スタッフも含め、営業・施工共に

防犯のプロフェッショナルである防犯設備士です。

(※10名の防犯設備士が在籍)

 

ご相談から施工終了まで、そしてメンテナンスに至るまで、

防犯設備士がしっかりと対応させていただきます。

 

どうぞ安心してお任せください。

 

一覧へ戻る

TOPへ戻る

HOME