名古屋・住まいの防犯リフォーム専門店

日々の施工

防犯リフォーム、岐阜県での住宅全体にわたる防犯対策工事が完了。

 

こんにちは。

住まいの防犯リフォーム専門店、ウエラ名古屋です。

本日は、岐阜県での防犯リフォーム工事でした。

 

施工内容

2階からの侵入を防ぐ

杉並区の保育士殺害事件以降、

自宅2階の防犯対策についても検討される方々が、より増えてきました。

 

犯行の方法も大胆かつ巧妙化していますので、

対策も日々それに対抗する形にしなければなりません。

 

今回は、鋭い刃を持つ「忍び返し」を雨どいに設置して、

ドロボウに対策をアピールする「気づかせる防犯」、

そして実際によじ登れないようにする「守る防犯」としました。

   

 

ドロボウは犯行前に必ず下見を何回かしている。

ドロボウは侵入するターゲットを絞るために、

入念な下見を繰り返します。

思いつきで侵入するということはほとんどないのです。

 

だからこそ、

下見の段階で侵入を諦めさせる防犯対策が大切になります。

 

そこで考えるべきなのが、

先ほども述べた「気づかせる防犯」と「守る防犯」。

 

下の写真の通り、

窓には「防犯窓鍵」を増設して対策します。

 

夜、薄暗くなる庭を明るくするために…

LED型の人感センサーライトを設置します。

 

ただし、電源プラグを抜かれてしまっては何にもなりませんので、

もちろん電源直結工事も行って、対策します。

 

玄関・勝手口は3ロック化

 

目線かそれよりも高い位置に設置することが大切です。

バールなどによるこじ開けに対抗できます。

 

 

弊社は、立地条件や建物構造に合わせて的確な防犯対策をご提案することを常に目指しています。

施主様、この度は施工のご依頼をいただき、ありがとうございました。

 

————————-

防犯リフォーム全般のお問合せ・無料診断はこちらから。

0120-987-686

http://wella-security.com/form01.html

スマートフォンの方はこちらから

————————-

当社の防犯リフォームについては、下記URLからご覧ください。

動画:「ウエラ名古屋の防犯リフォームとは?」

一覧へ戻る

TOPへ戻る

HOME